スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の辛さ、苦しさについて想う。

2012.01.12 21:51|タルトの気持ち
今日は、真面目です(笑)


今日はしゅんたろうの診察日。
しゅんたろうと2人待合いで待っていたら…


小さな男の子の泣き声が、ずっと診察室から聞こえ
時々、その男の子が診察室から飛び出しては
母親に連れられて、戻って行く光景を目にしました。



そして、診察後は
その母親が先生に何度も頭を下げながら
子供を抱っこしながら帰って行きました。



なんだか、昔を思い出すなぁ…


しゅんたろうもよく泣いたし
かんしゃくも頻繁に起こし
出かけるあちこちで、対応に追われてました。


それだけでなく、障害の診断が
2歳と、とても早かったのが
これまた私のストレスに…。

誤解のないように、説明します。
診断が早かったのは、早期発見、早期療育を実現できて良かったと
この頃も現在も思っています。



じゃあ、なぜ早期発見が“ストレス”だと言うの??
と思われる方もいらっしゃるでしょう。


しゅんたろうの発達に??を感じたのは
一歳半でした。
“障害”という、可能性も指摘され始め…


その頃から、私の頭の中はこんな思いで支配されました。

しゅんたろうの、育てにくさ全てが
障害につながり
オムツがとれないのも障害。
言葉が遅いのも障害。
この子は集団には入れないかもしれない。
将来、進学、就職、結婚。
それまで、夢見ていたもの全てが
夢に終わるかもしれない。


一生懸命、前を向いていたけれど
頭の中では、いつもこんな不安でいっぱいでした。





それまでは、可愛くて可愛くて
こんな幸せはないっっ!
と感じていた毎日。
少々敏感で、少々手がかかっても
子供なんて、そんなもんだと思ったし
そんなことよりも
自分にそっくりなしゅんたろうが
癒しで、宝で
これ以上ないぐらいの幸せを運んできた♪
そう思って過ごしていました。

独身時代の私は、自分の生きがい(仕事等)は
結婚しても、子供ができても持ち続けたい!
自分を大事にしたい!って思っていたのに
そんな事は、どうでもいい(笑)
この子が全て(笑)
自分でもびっくりするぐらいの変わりようでした。



ある方とお話をした時に、
早期発見はもちろんだけど
母のストレスについて“だけ”考えると
早期発見による負担はあるし
障害を知らずにストレスなく生活できれば
子供の前でも笑顔でいられる時間が多くなり
結果、子供にとっても安心できる関係が築ける…
こんな考えもあるとおっしゃっていました。


またまた、誤解のないように説明しますが
これは、子供の困り感がない、もしくは少ない場合です。
つまりは、診断がつくかつかないか…?
こんな微妙な話をしていた頃に聞いた話でした。


で…
私にこれを当てはめると…
障害に縛られて
苦しんだ日々…

やっぱり、早期発見はきつかったです(笑)


でも、しゅんたろうにとっては
良かったと思えます。


今日、ちらっと見かけただけの
あの男の子のお母さんが
帰り道、苦しい想い…してなかったらいいな…


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。