スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業アルバム

2014.01.26 16:06|タルテナ
今日は、卒業アルバムの話…
9月の終わりから、ほとんど学校に行かなくなっていた頃
時期的に卒業アルバムの写真撮影があった。
学校も写真館の方も、一生に残るアルバムなので、
6年生が揃う日を何度か調整されていたようだった。


でも…


その頃、しゅんたろうは、学校の駐車場にいるだけで、イライラがつのるような一番最悪な状態で
写真撮影どころではなかった。
アルバム制作は時間もかかるので、写真撮影は早い時期に終わらせないといけなかった。
結果…
写真撮影が終わってしまい、教室での集合写真にしゅんたろうの姿はなく…
仕方がないけど…
やはり、私の心の中では寂しい気持ちがあった。
それは、きっとしゅんたろうも同じだと思う。
交流学級にほとんど行けなくても、アルバムの中で自分がそこにいないのは
やはり寂しいのだと思う。
以前、何かの写真で、みんなと一緒に撮影はできなかったけど、
上の方に小さい丸に囲まれて顔写真を載せるかどうかを選択する際、
しゅんたろうはそれでもいいから載せて欲しいと言った。


アルバムのどこにもしゅんたろうの写真がないわけではないから…
個人写真もあるから、寂しい気持ちは封印していた。


そんな事も忘れていた頃…
担任の先生からのお電話で、写真館の方の提案で、クラスの集合写真にしゅんたろうがいないので
撮り直しかあるいはしゅんたろうだけの写真を撮って、
クラスの集合写真に並んでいるよう合成してはどうかとのお話があった。


やはり、卒業アルバムは一生の記念だから…


本来なら、もうアルバム制作の時期なのに、しゅんたろうの為に
学校までもう一度来てくださるとのお話だった…


申し訳ない…
と思うと同時に、とても嬉しかった。


でも、交流学級に行ってないしゅんたろう1人の為に
もう撮影済みの集合写真の撮り直しは、とてもじゃないけどお願いできないと思い
合成写真でお願いするか、それとも、集合写真にしゅんたろうがいなくてもいいか
一番大切なしゅんたろうの気持ちを確認した。

しゅんたろうは、合成写真をお願いしたいと言った…

早速、担任の先生が連絡してくださって
次の日に、しゅんたろうの合成写真用の撮影の為にカメラマンの方が来てくださることになった。


電話を切った後…
しゅんたろうに明日来てくださる事を伝えると…
「良かったぁ…」
と、すごくすごく嬉しそうな、安心したような表情で笑った。



夕御飯を作りながら、学校に連絡をしてくださったカメラマンの方の気持ちが
本当に嬉しくて…

顔も名前も知らない6年生の男の子が、卒業アルバムの集合写真にいない事を気にかけて、
アルバムの編集をストップされたそのカメラマンの方の仕事ぶりと言うか…
プロ意識とも言えるのかもしれない…
卒業して…または、大人になって卒業アルバムを開く、
卒業生やその家族の姿を感じてお仕事をされているのかもしれない…

素敵な気配り、優しさ…プロ意識…
見習いたいと思った。

久しぶりに、タルテナが、びびっときた(笑)
私はもちろんカメラマンではない(笑)
でも、人を相手にする仕事で、自分の仕事でこうありたいと言う理想はある。
でも…
表面的な事だけではなく、もっともっと自分も何かを感じて
そして何かを感じてもらえるお手伝いができると思った。
この方のように…



たった1人、そこにいない事を気にかけてくださった事で
私達が今、こんなにも幸せな気持ちになって…
そして、この先、何年も卒業アルバムを開くたびに寂しい気持ちにならなくていい…
それどころか、しゅんたろう1人の為に、わざわざまた学校に来てくださったカメラマンの方を思い出し
心の中がほんわか嬉しい気持ちになるんだろうなあ…


そんな仕事がしたいなあ♪
頑張らなくっちゃ♪
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。