スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか来る日への恐怖

2013.01.29 23:38|未分類
年が明けて


大切な人が亡くなりました…


学校も、仕事も始まって


日常を取り戻したようで


ふとした瞬間


胸が苦しくなってしまう…


でも…


自分の心の中で


その事実を思い出す事を


強く拒否していて


そうする事で


日常を保っていて…






もう随分前…


父を亡くした時


私は、頑張ろうと思いました。


父のためにも


しゅんたろうのためにも


泣いていたらダメなんだと。


悲しいとか


苦しいとか


そんな気持ちを閉じ込めて


本当に心の底から


頑張ろうと思いました。





でも…


今は、悲しみとか苦しみとかと同時に


恐怖でたまらない。


いつか自分が死んだとき


残されたしゅんたろうを想像すると


孤独になるんじゃないかと思うと


恐怖でたまらない。





亡くなった大切な人への気持ちと


よく分からないけど、その時に


父が亡くなった時に封印した気持ちが


一緒にわきあがってきて


2人を同時に亡くしたような錯覚というか


なんなんだろう…


ああ…


私は、父を亡くした時に


ちゃんと悲しい気持ちを


出し切らなかったんだと思いました。


今回も…


いつもの日常…


でも…


先日、偶然にも、どなたかのお葬式で出棺の場面を見てしまい


火葬場に向かう霊柩車が


私の車の後を、ずっと走って


なんだか、今年になって封印してきた思いが


一気にあふれて


辛かったんだよ。


辛かったんだよ。


その大切な人との思い出が沢山で



でも、それを思い出すのはまだ辛くて…











またいつの日か


私の大切な人が亡くなってしまう時が来る…


いつかは


私が、しゅんたろうより先に亡くなるかもしれない…





私は、1日でいいから


1日でいいから


しゅんたろうより長く生きたい。



しゅんたろうが独りになるのを


孤独になるのを


想像しただけで、苦しくなってしまう…








スポンサーサイト

Comment

No title

大丈夫 子供は大人になるよ 怖がらないで

コメントをくださった方へ

温かいコメントをくださった方へ。

ありがとうございます。
あの夜、急に寂しくなって、
想いがあふれでてしまいました。

こんな重たいのを読んでくださってありがとうございます。
頑張ります。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。