スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝える事をあきらめない①

2012.05.15 20:30|しゅんたろうのこと
暴言の激しいしゅんたろう…



5年生になっても、相変わらず暴言を吐く。



先生にも…
友達にも…
親にも…



もう、何年になるんだろうか…
しゅんたろうの暴言と向き合ってきた。



小学校に入ってからは特に、言い聞かせるような事を
何度も何度も言ってきた。



言い聞かせる方法は良くないと指摘を受けても
言わずにはいられなかった…



汚い言葉と言うよりは
相手が傷つく言葉…



もちろん、本気で傷つけたいと思っているわけではなく
しゅんたろうも、止められない暴言に困っている。


そして、その瞬間に感じた自らの怒りにも、戸惑っていると思う。
怒りのもって行く場所がない…
怒りの正しい出し方を教えてあげないといけない…



時々、こんな話をしてきた。



死んでしまえと思う気持ちは、いい。
でも、それを相手に向かって口に出すのは絶対ダメだよ。
聞こえるように言うのはダメ…


聞こえないようにする為に…


『死ね』と言いたかったら、家までその言葉を持って帰っておいで。
和室なら、何を言ってもいいよ。



何度も何度も伝えてきた。


誰かに対して湧き上がる感情は否定しない。
それが、しゅんたろうの怒りだから。
しゅんたろうの気持ちだから。
それを否定すると、そう考えてしまう自分自身をしゅんたろうが否定するようになる。

私だって、誰だって、怒りはある。
憎しみもある。

ただ…
その怒りの正しい出し方を身につけないと
社会ではやっていけない。


だから…


繰り返し教えてきた。





でも…




学校でのしゅんたろうの暴言を聞いて、
正直、がっくりくる事が、何度も何度もあった。

この子には、響かないんだろうか…
このまま、成人していくんだろうか…


そんな事を感じることもあった。




それが…



つい先日、こんな話を担任の先生から聞いた。




学校で、腹がたつ人が近くにいたらどうする??
こんな内容の話をみんなでしていた時に
みんなが意見を出し合った時に、しゅんたろうが
私が話したような内容の発言をして


お母さんがそう言ってた…


と言ったそう…



ちゃんと、分かっている。
伝わっている。


そうだ、それができないから苦しんでいるんだよね、しゅんたろう…




お母さんの言葉、ちゃんと伝わってますよ…



先生の言葉が、すごくすごく嬉しかった。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。