スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの宿題

支援学級にいるしゅんたろう。

夏休みの宿題は??
普通学級のお友達とほぼ、同じ内容がでていた。




さてと…



夏休み前、どうしようかと考えた。
去年に比べて、学習習慣は取り戻しつつあって
学校では、少しずつ、課題も増えている。



でも…



家庭学習…
つまり、日頃の宿題は、内容よりも、まず宿題に取り組み
提出物として、次の日に提出できる事を目的にしているようで
問題数は、多分、普通の5年生に比べて恐ろしく少なかった。


話は戻って…


夏休みの宿題の中に、毎日1ページの漢字とあった。
毎日1ページの漢字の宿題は、2年生以来、1度もない(笑)


いやいや、それどころか、漢字をノートに書く習慣がないっっ!


去年だったか、タルト流やる気アップの技で一時期だけ、漢字をノートに書いていた。
そのぐらいで、そのブームも去った。とっくに(笑)



で…


とりあえず、宿題にポイントをつけて、毎日頑張らせようと思った。
ちょっと、苦しいかとも思ったけど、ポイントゲットでブームのゲーム時間を増やせば
できそうかな??


でも、ノート1ページはキツイだろうから、5年生にしては少し大きめのマスにして
私が赤ペンで書いたものをなぞったり、ハードルをさげて取り組ませてみた。


ら…


奇跡です(笑)


ストレスがたまらないように、

『今日は漢字なっしぃ~』

と、私がお休みをいれる以外は
1ページ、ほとんど毎日頑張ってきました。


20ページ、書いています。


あっ、何かに気がついたするどいアナタ♪
そうそう、これがタルト流やる気アップの技だよ(笑)


大丈夫、大丈夫。
先生も笑って許してくれるよ♪
多分。








1_convert_20120823210702.jpg
スポンサーサイト

いつまで続く??

2012.08.14 14:45|しゅんたろうのこと
3月まで利用していた移動支援。


ヘルパーさんが変わるのに戸惑いがあったしゅんたろう。
以前、お世話になっていたヘルパーさんとのお別れもあり
本人が乗り気じゃないのを無理やりに再開はせず
しばらく見守ることにした。


無理強いはしたくないけど、この支援を途切れさせたくなかった私。
6月頃、学校も落ち着いてタイミングのいい時をねらって声をかけた。
そして、夏休みから、新しいヘルパーさんとの移動支援がスタート♪


初めての日…


待ち合わせの時間に早めについたしゅんたろう。



そわそわ…


そわそわ…




彼女と初めてのデート?



みたいな感じで落ち着かない。



待てなくなったしゅんたろう。



『ボク、駐車場見てくるっっ』


と、私が止める暇もなく走っていった…


かと思ったら、
ぶわぁーーーーーーーーっっとすごい勢いで戻ってきてかくれんぼ(笑)
どうやら、駐車場でヘルパーさんの車を発見して、目があったらしい(笑)
で、どうしたらいいか分からず戻ってきた様子。


いやいや、自分で迎えに行ったくせに(笑)


こんな恥ずかしがって、終了後も、えらい挨拶も丁寧で…
びっくりするぐらい別人のしゅんたろう。


こんないい子。
いつまで続く??(笑)


そのうち、鼻水やらおならやらで攻撃されますよ!って
早めに言っとこっと(笑)

おさまれチック!

2012.08.12 21:47|チック
チックが出てきたのは、保育園の頃。


最初は、お母さんは気にしないでいいよ…


こんな感じで言われていて、私もそれほど心配はしていなかった。
障害がなくてもチックのでる子もいるし
チックも、目をパチパチする程度だった。


そのうち…


チックが頻繁になってきて、音声チックが出てきたり
体の動きも激しくなった。


そして、この夏、久しぶりにチックがよく出る。


先日、映画を観た時も、映画館に入る前に
大音量で声を出し、自分で映画館では出さないように
気をつけようとしていた。


それでも、やはり、出るチック。


私も、周囲の人も
何も聞こえないフリをしていた。


夏が終わる頃、
しゅんたろうのチックも落ち着いているといいなあ。

ぐだぐだ(笑)

2012.08.08 20:49|タルトの気持ち
えっと。


夏休み。
限界なので愚痴ります(笑)








暑いし!!




宿題にも手がかかるし。




仕事も忙しいし。




鬼の暑さだし。



しゅんたろう、へりくつばっかりだし。



言う事聞かないし。



仕事から帰ったら、家の中、泥棒が入ったみたいに汚いし。



片付けんし。



叱るとチックが、やばいぐらい増えるし。




食べ物食べ物やかましいし。




そのくせ、ご飯の時、フラッシュバックで食欲なくすし。




そしたら、後からおなかすいたおなかすいた言うし。




ご飯が固いと食べないし。




宿題で、牛の糞を肥料に野菜を作ると知ると
昨日まで、パクパク食べてたトマトでさえ
食べなくなるし。



盗み食いするし。



マダガスカル観ようと誘ったら
気持ち悪いシーンがあるかもしれないと嫌がるし。




その他の、ディズニーや、その手の映画は毛嫌いするし。




買い物行こうと誘ったら、文句言うし。




そしたら、プール行こうかと誘っても、文句言うし。




かき氷、食べに行く?って聞いても
めんどくさい言うし。




でも、しゅんたろう、知っとるかぁ??










あんたの相手するお母さんはなあ~~
もっとめんどくさいわーーーーーーっっ!!!









はぁ~
明日は休み。

仲良くしよっと(笑)

















ポジティブ告知⑤

2012.08.02 20:34|カミングアウト
シリーズ最後の記事です。


③の次、いきなり⑤になってますが、気にしないでください。
④で終わるのが、嫌なんで⑤にしちゃいました(笑)



しゅんたろうに見せる資料の中身は
どの言葉も、先生、保護者、そして担任の先生で確認して
慎重に選び抜かれた言葉、文章になっていると感じました。


その中で…


しゅんたろうの『個性』について、みんなで書き出した資料がありました。



個性…



もちろんポジティブな個性。



保護者の考える、しゅんたろうの個性の資料を仕上げていく中で
私は、慎重と言うよりも、幸せな気持ちになっている事に気がつきました。



しゅんたろうに障害が分かってから
前向きに!元気に!明るく!
そんな自分でいたい。
いつもいつもそう思っていたのに
実際は、そうでもない事も何度もあって
乗り越えて乗り越えてきたけど
正直なところ、やはり、疲れる事がありました。


家庭内でも、しゅんたろうの衝動に何年も悩まされ…
日常の事を身につけるのも
いろいろな敏感さも
勉強面でも…


手のかかる事が目につきました。


勉強会でも、本を読んでも、支援センターでも、
悪いところに注目せず、いいところを伸ばす支援を
こんな内容のアドバイスは多く…


頭では、理解できても
実際、毎日毎日向き合う私に、
そんな支援は理想であって、現実は程遠いものでした。


悪いところは、目に付きます。
目の前で、イライラしているしゅんたろうに
ずっと優しく寄り添うほど、私は人間ができていない。

だから…

しゅんたろうを支援してくださる方に話をする時は
困った行動へのアプローチであったり
ただの私の愚痴、不満だったり…

まして、どこかに相談にいくとすると、
その話のほとんどが、しゅんたろうの困った行動についての内容だったように思います。


話をもとにもどして…


どうして、私が幸せを感じたか…
ですが…


これまで、こんな感じでしゅんたろうを支えてきた中で、
しゅんたろうの、ポジティブな個性について
真剣に考え、書き出していく作業は初めてでした。
困っている点でなく、素敵な個性ばかりを!
そして、それは、しゅんたろうに見せる為の資料。






しゅんたろうは、特に秀でた才能もないし、
勉強も、スポーツも、そんなにできない。
私は、ずっとずっと、何か1つでいいから
しゅんたろうの自己評価を上げてあげられる何かを見つけてあげたかったんです。




でもね…



しゅんたろうは、もう、ちゃんと持っていました。



誇れるものを。



社会に出て、人とのかかわりの中で
すごくすごく大切なこと。



療育の先生、担任の先生、私がそれぞれに書いたいくつかの個性の中で
キラリと光る個性がありました。


そして、しゅんたろう自身が考える個性について…
5つもの個性を書いていました。
自分の個性。
5つも言えるのは、1年前では考えられない成長です。



そして、ポジティブな個性だけでなく
自分自身の苦手な事の勉強もありました。


それは、保護者や先生からは書き出さず
障害の特性として、こんな苦手な部分を持つ人が多い…
と例をあげ、
しゅんたろう自身に考えさせる形にしていたのですが…


自分の事、わかっていました。
驚く程、冷静に。




最後に…



私が、個性についての資料で、書ききれずにいくつかカットしていく中で
どうしても、これは書いてあげたいと思う事がありました。






楽しそうに笑う!





楽しい瞬間、本当に楽しさを顔いっぱいに表現して笑うんです。
苦しい事が多かったこれまでも
苦しい事を乗り越えていかないといけないこれからも
楽しい瞬間は、めちゃくちゃ楽しんで!笑って!
生きていってほしい。



苦しいことも、人より多いなら
楽しいことも、人より多く(笑)



しゅんたろうのとびっきりの笑顔はそのままに!



大人になっていってほしいです。







ポジティブ告知③

2012.08.01 20:53|カミングアウト
本人への告知の記事です。
続きものです。



本人への障害の勉強が終わって…


しゅんたろうは、驚くほどに
ケロっとしていました。


あれこれ聞いてきたのも、障害の勉強を始めるまでで
療育で教えてもらうと、すっきりしたのか??


障害の事…


先生と相談して、身体障害、知的障害等…
その他の障害についてもいくつかの例をあげ
その上で、しゅんたろうは
『発達障害』だと伝えるようにお願いしたのですが
その勉強の帰り道、


『ぼくって、発達障害なんだってぇ~』


と、その日の学校の出来事でも話すような口調で
明るく教えてくれました。






自分の事を知ることができて嬉しい?すっきり?からくる
明るい口調なのか…


本当は、ショックだったけど、その気持ちを私に気づかれないための
ごまかしからくる明るい口調なのか…




すっきりだと信じたい気持ちと
本当は、ショックもある??と、今後のフォローの為に
準備しておこうという気持ちが私の中であります。
↑自分自身が、ショックな時も、ケロっとしたフリで親を心配させないようにする子供だったから。



ただ、しゅんたろうは、自分の気持ちにストレートな事が多いので
荒れるかな??落ち込むかな??と思っていたので
第一段階としては、いい結果だったのかも…


療育の先生も、ポジティブに教えてくださったし…
お話の中で、一番最初に、
『ぼく、障害ある?』
と聞かれた時、ごまかさず、さらっと伝えたのも
本人の性格からしてもよかったと、おっしゃっていただけました。



この先の段階で、また、必要に応じて勉強も必要だし
壁にぶつかる時も来るかもしれない。


でも、今まで以上に、支援の意味もしゅんたろうにきちんと説明できるし
納得もするのかな?

説明し、納得したものへの取り組みが素晴らしいのは、しゅんたろうの強みだから。



夏休み。
障害の話題もなく、告知強化月間も終わり
暑さで怒りやすくなった私の怒鳴り声が響く
いつもの夏の日常です(笑)



次の記事が最後です。
| 2012.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。