スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この笑顔をなくしたくない…③

2008.12.03 22:54|しゅんたろうのこと
通級…
通級が、しゅんたろうにとってプラスとなるだろうとは思う。

ただ、ひっかかる事がいくつかあった。


①他校での通級ではなく、学校内で何かできる支援はないのか?


例えば、普通級に籍をおきながら、ある授業だけは支援学級に通えないか?
(それは、できないとの答えだった。)


②抜けた授業のフォローを家庭ですると、しゅんたろうの負担になる。


しゅんたろうは、宿題と時間割をするだけでも、力がいる。
家庭では、ゆったり過ごさせてあげたいので、宿題の他に
しゅんたろうに勉強をさせたくない。(本人がやると言ったチャレ〇ジは別…)



③何の為に行くのか…本人への説明


学校の生活や勉強など、頑張っている…
頑張りすぎている、しゅんたろうに
褒めるならともかく、〇〇がニガテだから、〇〇をするために通級に行くと
今のタイミングで、本人の納得の行く説明できない。



④授業中、しゅんたろうだけ他の学校に行く事への、他の子供達への説明


これは、難しい問題で、しゅんたろうは
友達と違う事や、からかい等を気にする。
〇〇って言われたらどうすればいい?
それでも〇〇って言われたらどうすればいい?
と、日常で不安感が強い。



こんな理由で、通級には迷いがあった。



一番大切な、本人の気持ちを聞いてみた。



「小学校に入る前に行ってた、療育みたいなところが、他の小学校であるけど行く?
授業をぬける事もあるけど…」



「ボク、いく。」



はい、決まった!
と言うわけで、来年度から通級に通う事になった…なった?
いや、申し込んだだけで、まだ確定してなかった…(汗)


ちなみに…

抜けた授業については、しゅんたろうの負担にならないように
抜ける時間は、書写や道徳などの復習のいらない時間にしてもらえるよう
来年の担任の先生にお願いする。

本人と、他の子供への説明も、主治医の先生と相談して
なんとか納得のいく答えがでた。




通級で、個別に療育的支援を受けながら
しゅんたろうにとって、
そこがホッと一息つける場所になったらなあと思う。


しゅんたろうの笑顔をなくさないように…
今、できる事…
小さな1歩に近づけた気がした。
スポンサーサイト

この笑顔をなくしたくない…②

2008.12.03 17:30|しゅんたろうのこと
担任の先生から、夫婦揃って学校にきてほしいとのお話があった。


なんだろう…?


来年度の事について話したいと言う。


当日…
教頭先生をはじめ、教務の先生、特別支援学級の先生、担任の先生
そして私達夫婦が向かい合った。






「しゅんたろうクンが、頑張りすぎていないかと思いまして…」






胸が熱くなった…

そう…
そうなんです。あの子、頑張りすぎています。

やはり、先生方から見ても、そう感じるんだという
親としては切ない気持ちと、
しゅんたろうの頑張りすぎに、気がついてくれた事への
先生方への感謝の気持ち…


じぃんときた…



そして、しゅんたろうも大好きな支援学級の先生が

「しゅんたろう君、いい顔してるんです。
私を見つけると、せんせぇ~い!って色々お話してくれてね…
その顔が、もう本当に、いい顔してるんです。
この笑顔を、なんとかなくしたくないと思って…」


やばい…
泣きそうなんですけど…


「それで、しゅんたろう君に何かできないかを考えたんですけど…」



それは、他校である通級に通ったらどうかとの提案だった。
しゅんたろうは、学校にいると、頑張りすぎてしまう。
来年度は、30人以上の生徒対担任1人…


3年生の2学期が、不登校の壁らしく、それに向けて
今できる事は、しゅんたろうに頑張りさせすぎない事ではないか。
そんな話になり、通級で、一対一で、ゆったり支援をしてもらい
リフレッシュして、また学校に元気に通ってくるのはどうか…
簡単に言うと、こんなお話だった。(簡単に言いすぎ?)


もちろん、決めるのは、お父さんお母さんですよ…

そんな話だった。


通級については、就学前に選択肢の一つとしてあり、調べてもあった。
が、色んな方の意見を聞いて、1年間はしゅんたろうの様子をみようと決めていた。


学校から帰り、私達夫婦は話し合った。
が…
結論がでない…

            続く…

この笑顔をなくしたくない…①

2008.12.03 17:07|しゅんたろうのこと
しゅんたろうは、入学してから、本当によく頑張っている。

授業も積極的に発言をしたり、春にあった運動会にも、
みんなと一緒に参加できた。
私達、周りの想像以上の頑張りだった。


でも、頑張りすぎて、今まで見た事のない、しゅんたろうの姿がそこにあった。


暴言…
衝動…
お友達との喧嘩…
そして激しいチック…

どれも以前からあったが、運動会頃から、激しさを増した。
それでも学校では、担任と、スタート支援の先生(1年生のクラスに1人)に気にかけてもらいながら
やるべき事をきちんとやってしまう。


てきとう…
それなりに…
加減をしながら…
頑張り過ぎないように…

しゅんたろうには、それができない。
いや、家庭では見られても、学校では、


《きちんとするべきところ》


とインプットされている。


それは、保育園の頃から見られた傾向だったが、学校ではより強く感じる。




それが、随分落ち着いたのは、夏休み前だったか…

そして、夏休みも終わり、心配した9月…
担任の先生や、私達の心配をよそに
しゅんたろうは、毎日元気に登校した。

ほっとしていた頃…


                          続く…

学校での しゅんたろうのこと

2008.12.01 23:05|未分類
しゅんたろうは、現在、普通学級に在籍しています。

入学してから、ちょこちょこと、この子らしい出来事はありましたが
本当に頑張っています。



でも…


でも…



しゅんたろう、頑張りすぎてないかい???


春…運動会の頃、激しかったチック…
夏休み頃からは、落ち着いていたチック症状が
ここのところ、また暴れ始めました。

激しく頷くように頭を振るチック(運動チック)と、声の出るチック(音声チック)が
出てきています。

運動チックと、音声チックが、一度に出ている時は、要注意…
大きなストレスが、かかっているそうです…


今、特に環境の変化はありません。
学校行事もなく、学校でも、特に変わったような事はないそうです。
でも…

お友達との喧嘩…
上級生のからかい…

ちょっとした事でも、しゅんたろうにとっては
大きなストレス…


落ち着いているように見えても、必ず負担はかかっている。





しゅんたろう、頑張りすぎていないかい?





ご飯を食べる時も、宿題をする時も、顔を動かすしゅんたろうを見ながら
もっともっと私にできる事…
考えている、今日この頃です…









| 2008.12 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。