スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業アルバム

2014.01.26 16:06|タルテナ
今日は、卒業アルバムの話…
9月の終わりから、ほとんど学校に行かなくなっていた頃
時期的に卒業アルバムの写真撮影があった。
学校も写真館の方も、一生に残るアルバムなので、
6年生が揃う日を何度か調整されていたようだった。


でも…


その頃、しゅんたろうは、学校の駐車場にいるだけで、イライラがつのるような一番最悪な状態で
写真撮影どころではなかった。
アルバム制作は時間もかかるので、写真撮影は早い時期に終わらせないといけなかった。
結果…
写真撮影が終わってしまい、教室での集合写真にしゅんたろうの姿はなく…
仕方がないけど…
やはり、私の心の中では寂しい気持ちがあった。
それは、きっとしゅんたろうも同じだと思う。
交流学級にほとんど行けなくても、アルバムの中で自分がそこにいないのは
やはり寂しいのだと思う。
以前、何かの写真で、みんなと一緒に撮影はできなかったけど、
上の方に小さい丸に囲まれて顔写真を載せるかどうかを選択する際、
しゅんたろうはそれでもいいから載せて欲しいと言った。


アルバムのどこにもしゅんたろうの写真がないわけではないから…
個人写真もあるから、寂しい気持ちは封印していた。


そんな事も忘れていた頃…
担任の先生からのお電話で、写真館の方の提案で、クラスの集合写真にしゅんたろうがいないので
撮り直しかあるいはしゅんたろうだけの写真を撮って、
クラスの集合写真に並んでいるよう合成してはどうかとのお話があった。


やはり、卒業アルバムは一生の記念だから…


本来なら、もうアルバム制作の時期なのに、しゅんたろうの為に
学校までもう一度来てくださるとのお話だった…


申し訳ない…
と思うと同時に、とても嬉しかった。


でも、交流学級に行ってないしゅんたろう1人の為に
もう撮影済みの集合写真の撮り直しは、とてもじゃないけどお願いできないと思い
合成写真でお願いするか、それとも、集合写真にしゅんたろうがいなくてもいいか
一番大切なしゅんたろうの気持ちを確認した。

しゅんたろうは、合成写真をお願いしたいと言った…

早速、担任の先生が連絡してくださって
次の日に、しゅんたろうの合成写真用の撮影の為にカメラマンの方が来てくださることになった。


電話を切った後…
しゅんたろうに明日来てくださる事を伝えると…
「良かったぁ…」
と、すごくすごく嬉しそうな、安心したような表情で笑った。



夕御飯を作りながら、学校に連絡をしてくださったカメラマンの方の気持ちが
本当に嬉しくて…

顔も名前も知らない6年生の男の子が、卒業アルバムの集合写真にいない事を気にかけて、
アルバムの編集をストップされたそのカメラマンの方の仕事ぶりと言うか…
プロ意識とも言えるのかもしれない…
卒業して…または、大人になって卒業アルバムを開く、
卒業生やその家族の姿を感じてお仕事をされているのかもしれない…

素敵な気配り、優しさ…プロ意識…
見習いたいと思った。

久しぶりに、タルテナが、びびっときた(笑)
私はもちろんカメラマンではない(笑)
でも、人を相手にする仕事で、自分の仕事でこうありたいと言う理想はある。
でも…
表面的な事だけではなく、もっともっと自分も何かを感じて
そして何かを感じてもらえるお手伝いができると思った。
この方のように…



たった1人、そこにいない事を気にかけてくださった事で
私達が今、こんなにも幸せな気持ちになって…
そして、この先、何年も卒業アルバムを開くたびに寂しい気持ちにならなくていい…
それどころか、しゅんたろう1人の為に、わざわざまた学校に来てくださったカメラマンの方を思い出し
心の中がほんわか嬉しい気持ちになるんだろうなあ…


そんな仕事がしたいなあ♪
頑張らなくっちゃ♪
スポンサーサイト

びびっときた事業所

2012.04.16 21:05|タルテナ
今日はタルテナ。
そう、タルトのアンテナがびびっと働いた記事!


去年の冬…
ある方の紹介で、デイサービスを利用する療育のお誘いがありました。
募集人数は限られ、まだオープンにできなかった事情もあり、記事には書けなかったのですが…

療育…
就学前まで、母子通園、個別療育、集団療育と続けてきて
小学校入学と同時に療育がなくなるのが不安でした。


何ヶ所か調べたものの、病院(主治医)を変える気持ちがなく
あきらめていました。

が…
デイサービスの療育なら、病院は関係なく、利用できる!
早速、話が進んでいきました。
デイサービスで、小学生以上対象の療育って
私達の地域だけじゃなく、なかなかないですよね?
あっても、入れない…






『これは のがすなタルト!!』(笑)
↑ココロの声





その最初のやりとりで…

代表の方からの連絡にびびっときました!
メールの内容は…
本人に、事業所の事をまだ話さないで欲しい…
との事…

本人の様子の聞き取りを保護者からして
事業所へ通う意味をどう伝えるか…
これを探り、考え、本人がプラスのイメージでスタートできるように伝える…

そんな内容のメールでした。



びびっっ!
きましたぁ~!
これは絶対逃さない!しつこい(笑)


学校が、ダメダメだった時だけに
この事業所への期待は膨らむばかり(笑)


そして、先日からスタートしています。
しゅんたろうがプラスのイメージを持って♪


不安が強いしゅんたろう。
めんどくさいが口癖のしゅんたろう。

とりあえず、いいスタートをきれた秘密は
また今度…


出会いの春です♪









しゅんたろうが大好きな人・後編(最後の移動支援)

2012.03.24 15:47|タルテナ
前回の続きです。



大好きなヘルパーさん。
実は…
昨日が移動支援最後の日でした。


ヘルパーさんが、事業所を移られるので最後となったのですが…


しゅんたろうが、ヘルパーさんが好きで好きで好き過ぎて(笑)
お別れを、受け止められない気がする…

どのタイミングで言うか考えて、今日だ!と言う日を選んで伝えました。


こたつにもぐり込んで、うそだうそだ!と言いながら泣いていました。

何日ぐらいふさぎ込んだのかなぁ…
ふとヘルパーさんを思い出して、私のところによってきて
涙する…
夜、布団の中で、涙する…
こんな日が続きました。

それでも…

「後、残り3回、後悔しないように楽しむ…」

そう言って、少しずつ、お別れを受け入れようと頑張りました。


そして昨日…
楽しい時間の後…

ちゃんと、ありがとうございました…


って、言えたんです。
涙を必死でこらえながら…

わんわん泣くのかなあ、どうなるのかなあ…
と心配していたのですが、きちんと、きちんと挨拶ができました。

親以外の人に触れられるのが、ちょっと苦手なしゅんたろう。

ヘルパーさんに自分から抱きついて、ぎゅぅってしてもらう姿をみて
ちょっと…
そんなの見るとダメですね…
私もさみしくなりました。


ヘルパーさんのどこが好き?
と聞いた事があるのですが…



顔も、髪も、声も、性格も、メガネも、靴も、カバンも
ぜぇんぶ大好き



だそうで(笑)


この1年、ボクの味方はいないと学校に不満を持っていたしゅんたろう。


ヘルパーさんのおかげで、しゅんたろうは
苦しい事だらけの1年ではなく
ちゃんと、笑顔で笑いあう時間がありました。


どれだけ感謝しても、足りないぐらい…


帰り道…
ヘルパーさんにいただいたぬいぐるみをぎゅぅっと抱きしめながら
目にあふれそうな涙がうかんでいるのに
一所懸命一生懸命ぬいぐるみを抱きしめるしゅんたろう…

泣いていいのに…

我慢しなくていいのに…

あぁ…
この子は、私とおんなじだなあ…って思いました。


夜は、ぬいぐるみを抱っこしながら眠り
夜中に寝相が悪くて蹴とばし(笑)
目が覚めて、また抱っこして…


しゅんたろうの、大事な大事な宝物です。

ヘルパーさん…
大切な大切な出会いです。


出会った日…
あの時感じた、タルテナは、
やっぱり100%間違いなかった(笑)



e





本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました♪

しゅんたろうが大好きな人・前編 (出会い)

2012.03.24 15:13|タルテナ
カテゴリのタルテナとは…
タルトのアンテナです。
このカテゴリでは、タルテナがビビッッときたコト…人の記事です…



しゅんたろうが3年生になる時、特別支援学級に編入しました。
2年生の冬、保健室登校になった事で、支援の必要性について
考えさせられた事がきっかけで、以前から支援センターの方からお話のあった
移動支援を利用する事になりました。

実は…
移動支援、すごくいいですよ~と言われても
当時、暴言が激しく、あちこちで困った子扱いされるしゅんたろうを
ヘルパーさんに預ける事に不安がありました。

でも…
思春期に向けて、余暇の過ごし方はとても重要だとおっしゃるセンターの方のお話も
実感として、相当納得できる困った問題が多く(笑)
思いきって利用してみる事にしました。


そして…

顔合わせの日…
あれあれ??
待ち合わせ場所にいらっしゃったヘルパーさん。
私のイメージとはかけ離れたお方(笑)

私…
30代ぐらいで、ぽっちゃりしてて、山男のような坊主頭で…
おっちゃんを想像…
妄想しちゃってました(笑)

実際は…
20代のイケメン男性(笑)

で…

緊張しながら契約を進めて行ったのですが…

肝心のしゅんたろう。
ヘルパーさんの顔をチラっと見ただけで
本に夢中…

最後に、

「しゅんたろう、なんか、話したい事ない?」

って聞いてもモジモジ…

ヘルパーさんが、

「ヨロシクね♪」

と言ったら…

持ってた本で、恥ずかしがって顔を隠したんです。
微笑みながら、まるで乙女のように(笑)(笑)


その乙女の姿を見たヘルパーさん。


「かわいいぃ~」


って、とびっきりの笑顔で笑ったんです。


はいっ!
タルテナびびっっ!ときちゃいましたぁ!
思いっきりどきゅんどきゅ~~ん!です(笑)(笑)

あぁ…
2人は大丈夫。
なんだか分からないけど、ぜったいぜったい大丈夫。

自慢じゃないけど、私…
タルテナが反応した時、100%はずれなし!なんです。


でも…


こんな乙女のような顔して微笑むこの子。
キレますから…
暴言すごいですから…
この微笑み…今だけですから~~~(笑)



と、心の中で叫びながら…
ヘルパーさんとの移動支援が始まりました。


もちろん、乙女の微笑みは、この時だけで…
あれから2年間…

しゅんたろうは、ヘルパーさんに向かって
おならして喜んだり(笑)
鼻ホジホジしたアレを、あろうコトかヘルパーさんにつけようとしたり(笑)
ヘルパーさんのおやつに、くれくれ目線攻撃したり(笑)

そしてサッカーしたり、追いかけっこしたり、ゲームしたり…
1ヶ月に何度か、本当に楽しい時間を過ごしてきました。


ヘルパーさんといる時は
ひゃぁひゃぁ笑い、ギャハギャハふざけあい…
迎えに行った時、そんな2人を見て、
私も楽しくなって…
幸せな気分でいっぱいでした。


保育園の頃見た、しゅんたろうのとびっきりの笑顔。
学校では、あんまり見られない、安心しきった笑顔。
私の大好きな、しゅんたろうの笑顔満載でした♪


ずっとずっと、こんな時間が続けばいいなぁって思っていました。
| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タルト

Author:タルト
はじめまして、タルトです♪
のんびり更新しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。